2016年04月06日

株式投資の初心者に勉強を動画で

株式投資の初心者に勉強を動画で学べます
今回のカリキュラムのコンセプトは
たった7回の講義でプロ並みのトレードテクニックを身に付けられる”
というシンプルなものですので、要点だけをまとめれば分かりやすいものになっていますね。

「相場師朗 7step株式投資メソッド」では、6回の講義と、
再現売買を利用した実践講義の7つのステップで実力を磨きます。


「相場師朗 7step株式投資メソッド」のコンセプトのひとつに、
「見ているあなたを頭でっかちにさせない」というものがあります。




よく書店などに置いてある株の教科書や、
ネット上で得られる情報だけを頼りにトレードしていくと
果たしてどうなってしまうのか。

株式投資に関する知識だけは豊富で、実践力が低く使い物にならない」
そんな頭でっかちなトレーダーのできあがりなんです。

株式投資を学習する上でもっとも大事なことは、
「それをどれだけ実際のトレードに生かせるのか」という部分にあると思います。

そのため、ただ本や動画を見て満足するのではなく
実際に自分が同じトレードができるのかということを試しみなければ
本当に力がついたとは言えないんです。

たとえば、野球のルールブックを読んだだけで試合に出られるでしょうか?
料理本を買っただけで、写真とまったく同じものを作ることができるでしょうか?

それと同じです。
株式の学習に関しても、習ったものをアウトプットしなければ身に付きません。

職人が手に職をつけるようにして技術を体に染み込ませてこそ、
プロの技を体現できるようになったということになります。

「相場師朗 7step株式投資メソッド」では、6回の講義と、
再現売買を利用した実践講義の7つのステップで実力を磨きます

また、実践講義動画は会員サイトに豊富にストックされておりますので、
一度購入していただければ長期間繰り返し学習することもできます。

何度も反復してトレーニングすることで効果を実感できるようなカリキュラムになっています。




『相場師朗 7step株式投資メソッド』は、全編動画で学べる教材です。
そのため、一般的な株式のノウハウ本や教材がはらんでいる
・ 文章だけでは分かりづらい
・ 読み進めるだけでは退屈
・ 文脈の解釈ミスで失敗トレードに繋がってしまう

こういった問題点はありません。


実際のチャートなどの映像も織り交ぜて学習できるため、
より実践的なテクニックを磨くことができます。

さらに、元テレビ局アナウンサーの経歴を
持つ相場師朗アイバシロウがお送りするカリキュラムは、
非常に流暢で聞き取りやすく、株式の勉強に集中できることでしょう。

これもほかの動画教材では味わえない、
『相場師朗 7step株式投資メソッド』でしか体験できない要素と言えるでしょう。




株式投資の初心者に勉強を動画で学べます
今回のカリキュラムのコンセプトは
たった7回の講義でプロ並みのトレードテクニックを身に付けられる”
というシンプルなものですので、要点だけをまとめれば分かりやすいものになっていますね。

あなたの大事な資産を運用するんですから、
そういった不安があるのも当然だと思います。

特に「株式投資」という一見小難しそうな言葉に、
未経験者には少しハードルが高く感じてしまうのではないでしょうか?


ですが、ご安心下さい。
『相場師朗 7step株式投資メソッド』では株式投資の基本的な部分から
しっかりフォローしていきますので、知識ゼロの状態からでも一歩ずつしっかりと
プロへの道を歩むことができます。

また、経験者であれば、これまでのトレードで何がいけなかったのか、
何を見落としていたのかを知るための良いきっかけ作りになるはずです。


【相場師朗】 7step株式投資メソッド

『相場師朗 7step株式投資メソッド』の利点のひとつとして、
6つの講義と実践編の7つの項目を自分のペースで勉強できる、という点が挙げられます。

1日1〜2時間ほどの学習時間で各講義を勉強できますので、
日中お仕事をされている方や家事に追われてなかなかまとまった時間が取れないという方でも
気軽に取り組んでいただけます。

なので、専業トレーダーでないからといってなかなかこういった教材に手を出せなかった方も、
安心して投資テクニックを磨くことができるはずです。

『相場師朗 7step株式投資メソッド』は、あなたの日常に大きな負担をかけることはありません。
お忙しい方も安心してご参加いただけます。


もちろん、同じ講義を何度も繰り返していただくこともできます。

好きな日、好きな時間に学習と復習を繰り返せば、
見違えるほどのトレードテクニックの上昇に驚いてしまうかもしれませんよ!




あなたは、株式投資に関してこれまでどんな勉強をしてきたでしょうか。
基本的な株式知識や、使い古されたノウハウをありがたがって使い続けてきてはいませんか?

もちろん、そういった基礎の部分も大事ですが、
そんなものは書店に売っているような参考書で十分ですし、
今やインターネットで検索すれば無料で公開されたノウハウが手に入ってしまう時代です。

しかし、そんなもので本当に勝てるのでしょうか?
無料で、誰でもお手軽に手に入るようなものに自分の大切な資産を任せてしまっていいのでしょうか?

『相場師朗 7step株式投資メソッド』は、
そういったありふれたものとは根本的に異なります。

なんといっても
“現役プロトレーダー 相場師朗”
が教える熟練の投資テクニックが学べる、
という点において上記のような素人レベルのノウハウとはひと味もふた味も違います。

たとえば、順張りや逆張り、チャートの見方のような株式の初歩的な要素ひとつ取っても、
プロのテクニックにかかれば資産を左右する重要なポイントになります。

基本から応用まで、すべてのテクニックがプロ仕様であることが、
このカリキュラムの最大の魅力です。




株式投資の初心者に勉強を動画で学べます
今回のカリキュラムのコンセプトは
たった7回の講義でプロ並みのトレードテクニックを身に付けられる”
というシンプルなものですので、要点だけをまとめれば分かりやすいものになっていますね。
タグ: 初心者 勉強
posted by システムトレード構築 at 17:49 | 株式投資メソッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月04日

短期間で利益をあげる株式投資手法

短期間で利益をあげる株式投資手法。
もうすぐ急上昇する可能性の高い銘柄をチャートで見つけます。

新興市場株、テーマ株、人気株、仕手株を得意としています。
マニュアルは基本編と応用編の2部にわかれています。 本商品は、基本編と応用編のセットです。

posted by システムトレード構築 at 15:14 | 短期間で利益をあげる株式投資手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

株式相場の低迷期でも稼げるようになること

株式相場の低迷期でも稼げるようになること

個人投資家が目指すべき目標のひとつは、
株式相場の低迷期でも稼げるようになることです。

株は5日で利益を出す!「5日株トレード法」 全編セット
日経平均が下がっているときは
「今持っている株は当面塩漬けだ」、「しばらく手を出せそうにない」
と思うのが普通かもしれません。

しかし思い出してください。
個人投資家であるあなたの目的は、株式投資を通じて資産や収入を増やし、
人生を豊かにすることだったはずです。

これからの長い人生の中で、株式市場が上向きなら私は豊かになるが
株式市場が下向きなら耐えるしかない、待つしかないという
姿勢のままでいいのでしょうか?



短期間で利益をあげる株式投資手法を詳細に解説したマニュアルです
posted by システムトレード構築 at 15:13 | 株式相場の低迷期でも稼げるようになる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年11月27日

日産自動車(株)の配当金 2,696円

日産自動車(株)の配当金 2,696円

日産より配当金が到着です。

日産からの配当金は、2,696円です。


日産自動車(株)の株
200株保有してます。

200株で、2,696円の配当金。

現時点(11/27)の株価が
927円で単元株数は100株なので
927円X100株=92,700円が日産の株購入に必要のようです。

7201
東証1部
輸送用機器
日産自動車(株)
927 前日比-3(-0.32%)

日産自動車(株)
設立年月日 1933年12月26日
市場名 東証1部
上場年月日 1951年1月
決算 3月末日
単元株数 100株

日産自動車(株)の配当金 2,696円



サイバーエージェント株 売り買いblog
徳山秀樹の投資資金1000万円で、毎月100万円を安定的に稼ぎ続けているデイトレード連勝法
タグ:配当金
posted by システムトレード構築 at 05:24 | 配当金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年05月25日

脅威のパフォーマンスを記録する徳山式スイングトレードの秘密に迫ります!

脅威のパフォーマンスを記録する徳山式スイングトレードの秘密に迫ります!

多くのデイトレーダーが参考にする徳山氏のトレード法
今回は多くのデイトレーダーの間で話題となっている
脅威のパフォーマンスを記録する徳山式スイングトレードの秘密に迫ります!





株式投資で資産を増やしたいけれど、現在の相場ではとても投資する気になれない。
そんな方はいらっしゃいませんか?


脅威のパフォーマンスを記録する徳山式スイングトレードの秘密に迫ります!

ここ最近の株式市場は米国の「サブプライム問題」で株式市場全体相場が大きく動き、
投資家にとって非常に厳しい環境でとなっています。

新興市場を見てもマザーズ、ヘラクレスなどの指数は下げ止まることなく
2004年や2005年の相場で高値をつけた銘柄は今では半値以下になっています。

そして、多くのデイトレーダーがマーケットを去り、レベルの高いトレーダーだけが生き残った結果、
相場の難しさは日々高まっていると言います。

しかし、この厳しいマーケットの中で、デイトレード、スイングトレードともに約70%もの勝率で
勝ち続けているトレーダーも存在していることをご存知ですか?

そのトレーダーとは、プロをはじめ、多くのデイトレーダーが
その戦略を参考にしているという徳山秀樹氏です。

徳山氏は専業トレーダーとしてトレードで生計をたてており、この厳しい環境でも、
なんと8年間も勝ち続けているのです。

専業トレーダーを目指すのであれば、
相場に左右されない安定的な手法の採用が求められます。

というのも、先月は300万勝ったけど、今月はマイナス200万というのでは、
とてもではないですが、先行き不透明で精神的に安定した状態を保てないからです。

こんな状態では、うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。

さらに、家族を養っていくとすれば、月単位では絶対に負けられませんし、
安定的に稼ぎ続ける必要があります。

こうして、徳山氏が開発したデイトレード手法
「投資資金1000万円で、毎月100万円を安定的に稼ぎ続ける手法」
この2年前に公開された、月ベースでのドローダウンがないデイトレード手法は多くのデイトレーダーの間で
話題となり、多くのトレーダーが参考にしました。

そして、徳山氏の進化はデイトレードにとどまりません。
更に利益効率を追求し、新しい徳山式スイングトレード戦略を生み出しました。

こうして、徳山氏はこの厳しい環境下でもデイトレードとスイングトレードを巧みに使い
月次でマイナスを出さないのはもちろんのこと、
2007年と2008年は更に高い利益を安定的に積み重ねています。

しかもデイトレードは前場、スイングトレードは後場のみと別々に使い分けることで、資金効率を高めつつ
それぞれで高いパフォーマンスをあげており、直近に関してはスイングトレードの利益額がデイトレードの利益額を上回るほどの高いパフォーマンスとなっています。

徳山氏の驚愕の安定的なスイングトレードの実績をご覧ください。



※ ここでは、現在徳山氏が実践している手法の、損益実績のみ記載しております。
※スイングトレードの投資資金は1000万円前後となっております。

特に、7月のスイングトレードの成績は一日しか負けがなく、
圧巻としかいいようがありません。(デイトレは除く)
月次での利益額も20%をゆうに超えています。


では、徳山氏はどのような手法を使って安定的に勝ち続けているのでしょうか?
それは、
「後場に入ってから、先物の動きを見て出遅れ銘柄を逆張りし、
市場平均との短期的な乖離(サヤ)を狙う」
というスイングトレード手法で利益を上げています。

そして、一般的にスイングトレードといえば数日から数週間保有しますが、
徳山氏のスイングトレードは翌日の前場の寄り付き全て返済するという
オーバーナイト型のトレードになります。

更にこのトレード手法には以下の肝があり、 これらの肝を用いてトレードすることで
安定的に利益を上げています。
●銘柄選択の基準
●エントリーとイグジットのタイミング
●イレギュラーな株価を見逃さない工夫
●手数料負けしないように手数料を抑える工夫
●リスクヘッジ

銘柄選択やエントリー・イグジットのタイミングについて、徳山氏はあえて数値的で明確なルールを定めずに裁量によるトレードを行なっております。 これにより、日々変わるマーケットの変化に柔軟に対応しています。(なお、徳山氏の考え方ついて、説明及び実例をとりあげ解説を行なっております。)以下の徳山氏のコメントもあわせてご覧下さい。

------- 徳山氏のセミナー後のブログコメントより抜粋 -------
随分いい加減な仮定や抽出条件の下でやっているものだと驚かれたかもしれませんが、あまりガチガチに固めない方が変化に柔軟に対応できると考えています。また厳格に絞り込んだとしても必ず勝てる保証はないのだから幅広く手掛けてトータルで勝とうという考え方はデイトレ・スイングとも共通しています。



近年、デイトレーダーが主体の投資家が多く見受けられますが、、
この手法を身に付けることで、よりトレーダーとしてマーケットから
安定的に収益をあげていくための秘訣を知ることが出来るでしょう。

そして、徳山氏は既に独立してから8年間、
家族を養いながら、トレードだけで生計を立てています。

あなたがもし、これから短期投資で成果をあげたいと考えるならば、
そして更に、大きな利益を狙いたいと考えるならば、徳山氏の考え方を
参考にしない手はないでしょう。



今回お話しするのは私が昨年(2007年)初めから本格的に取り組んでいる
日本株のスイングトレードについてです。一般的にスイングトレードは
数日間から数週間保有するものですが、徳山式では営業日ベースで1泊2日、
つまり翌営業日には決済してしまうので正確にはオーバーナイトトレードというべきものです。

一方で私はデイトレードも実践しているのですが、大半の決済を午前中に終えてしまうため、
後場は手持ち無沙汰でした。 常々この時間帯を有効活用できないものかと考えていたところに
思いついたのが、デイトレードを本格化する以前に実践していたスイングトレードの再開でした。

以前のスイングトレードは、突っ込みを拾って数日間保有してリバウン ドをとるという本来の定義に近いもので、
これをひたすら繰り返していました。しかし2003年に徳山式デイトレードを開発して導入すると、
その明確なルールと資金効率の良さから次第に取引規模を拡大し、反対にスイングトレードは徐々に縮小して、
ついには完全に停止してしまいました。
これを新スイングトレードとして復活させようと考えたのです。

再開にあたっては改良を施しました。その最大のポイントが「後場限定の仕込み」と「翌営業日一律決済」ルールの導入です。これにより時間的にも資金的にもデイトレードの妨げとならずに並存することが可能となりました。
さらに自動売買を導入して厳格なルールの下に運用するデイトレードと比べて、仕込みには裁量の余地があって投資金額を柔軟に増減することも可能です。これを利用して今年に入って毎月投資金額を増やす努力を続けていて、それに伴い利益額も増加しており、いまやデイトレードの安定した利益を大きく上回るまでになっています。

今回はその徳山式スイングトレードについての考え方を紹介したいと思います。

この手法を身に付けることで、短期トレーダーとしてマーケットから
高い収益を安定的に収益をあげていくための秘訣を知ることが出来るでしょう。

一般的に、実績をあげたトレーダーが手法を公開することはめったにありませんが、そんな中で、本セミナーは徳山氏が実際に運用し、高利益をあげているスイングトレード戦略を初公開している超貴重なセミナーとなります。

多くのデイトレーダーが参考にする徳山氏のトレード手法。特にデイトレーダーの間でも話題となっている注目の徳山式スイングトレードの秘密を知りたくはありませんか?

これだけの高い成果を出しているノウハウです。一秒でも早くお申し込み下さい。

現役の証券ディーラーも注目しているといわれる徳山氏のトレード方法を学びたい方、
安定して勝ち続けたい方、将来トレーダーとして独立を目指したい方、
是非、直接徳山氏から学べるこの貴重なDVDセミナーを活かし、今後の成果につなげてください。
脅威のパフォーマンスを記録する徳山式スイングトレードの秘密に迫ります!







脅威のパフォーマンスを記録する徳山式スイングトレードの秘密に迫ります!
posted by システムトレード構築 at 21:21 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

徳山秀樹の平均勝率70%を達成! 徳山式スイングトレード戦略セミナー

徳山秀樹の平均勝率70%を達成! 徳山式スイングトレード戦略セミナー

1.自己紹介とこれまでの経緯
1-1 株式投資を始めるきっかけ
1-2 バブル期〜押し目買い
1-3 バブル後〜突っ込み買い
1-4 独立への転機
1-5 独立後

2.現在のトレード状況
2-1 資金量と投資スタンス
2-2 利益目標
2-3 利用証券会社とツール
2-4 タイムスケジュール
2-5 休日の過ごし方

3.徳山式トレードの基本的考え方
3-1 限られた資金の有効活用
3-2 信用取引の活用
3-3 (超)分散主義
3-4 継続は力なり
3-5 現場主義とシステム化

4.デイトレード理論
4-1 徳山式デイトレードのメリット
4-2 損切り前提のトレード法
4-3 相場のあらゆる動きに対応
4-4 人気銘柄は対象外
4-5 シンプルルールで自動売買実現

5.スイングトレード導入の経緯
5-1 旧スイングトレードの特徴
5-2 デイトレード導入の経緯
5-3 デイトレード導入後
5-4 新たな手法の模索
5-5 新スイングトレード導入


脅威のパフォーマンスを記録する徳山式スイングトレードの秘密に迫ります!

6.スイングトレード理論
6-1 デイトレードで捉えきれない動き
6-2 1泊2日に限定したオーバーナイトトレード
6-3 買いのみで翌朝手仕舞い
6-4 海外市場の影響
6-5 朝高の背景考察

7.スイングトレード実践
7-1 対象銘柄
7-2 時間帯
7-3 エントリー
7-4 実例@〜上昇時
7-5 実例A〜下落時

8.まとめと今後の課題
8-1 トレード成績推移
8-2 安定性と成長性
8-3 新興銘柄への対応
8-4 リスク管理の徹底
8-5 終わりに

質疑応答

※上記は予定です。若干、内容が変わる場合がございます。
脅威のパフォーマンスを記録する徳山式スイングトレードの秘密に迫ります!
posted by システムトレード構築 at 21:20 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

斉藤氏のノウハウの全貌を知ったあなたはシステムトレーダーとして、

斉藤氏のノウハウの全貌を知ったあなたはシステムトレーダーとして、



斉藤氏は非常にお忙しいため、セミナーを開催する回数も限られております。
その中でも、 本講座は斉藤氏のシステムトレードのルールの解説だけでなく、その検証プロセスや考え方まで
のノウハウを余すところなく公開する、数少ない非常に貴重なセミナーとなります。

また、本マスター講座の最大のテーマは「最強のパフォーマンスを追求すること」を
念頭において講演しております。

この12時間で、斉藤氏のノウハウの全貌を知ったあなたはシステムトレーダーとして、相当なレベルに
達していることでしょう。

斉藤氏のノウハウを12時間で集中的に学び、長期間の投資人生でより利益を最大化するために、斉藤氏が実践し続けているシステムトレード戦略を完全にマスターしてみませんか?







斉藤氏のノウハウの全貌を知ったあなたはシステムトレーダーとして
posted by システムトレード構築 at 21:19 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最強の売買システムを追求する!

最強の売買システムを追求する!

最強の売買システムを追求する!!
斉藤正章のシステムトレードマスター講座












個別株と日経225先物のシステムトレードについて総合的に学べた。 これから、自分の資金量とどれだけレバレッジをかけるかについて深く考えていきたい。

いつもシンプルなロジックに基づいてシステムトレードを行っている点が好感できます。

何といっても、斉藤氏の誠実な準備による有意義な内容がよかった。
シストレの運用をシステム化して、比重を増やしていきたいです。

具体的でウソのない戦術は大変ためになりました。
他のいままで参加したセミナーで一番良かったです。

日本株については検証を進めて今後長期間運用に耐えられるロジックを構築したい。

豊富な検証結果とともに、説明頂き大変ためになりました。
動的フィルターは目からウロコでした。実際の売買で活用します。
いつも豊富な検証結果と、わかりやすい資料ありがとうございます。

株式については、動的フィルタ活用の考え方等、厳しい環境下でのパフォーマンス向上策が明示されたことが非常に良かったと思います。
日経225先物については後場専用デイトレの検証結果が大変参考になりました。
株式については、さっそく検証ソフトに条件を入力して活用していき、日経225先物については、現在ポートフォリオを作って運用しており、その中に組み入れたい。
いつも通り、大変分かりやすい講義をありがとうございました。

非常に良かったです。全体的に考え方を勉強できた。
あと、トレードシグナルのザラ場の所が一番新鮮で良かった。

斉藤先生の検証資料については頭が下がる思いです。これからも頑張ってください。

今後投資手法の分散を徹底していきたい。

悪い検証結果も含め様々な検証結果を用意して頂けた点が良かった。
自分でも直近データを用い、検証した後でエッジ(優位性)が確認されたシステムを使用していこうと思いました。

知りたかったことが全部わかって良かったです。
良いセミナーでした。ありがとうございました。資料作りとか大変だったと思います。
自分のシステムトレードに大事に活用したいと思います。

教材が良かった。家宝にします。一から検証しなおそうと思います。
闇雲に裁量を繰り返していた私にとって非常に貴重な機会でした。
東京まで来た甲斐がありました。

これを機にデイトレにも力を入れようと思いました。

新たな検証部分の公開、日経225先物も一部新たなルール、コンセプトの公開があった点が良かった。自分のシステムの改善・検証に応用できる部分があった。
システムトレーダーとして長く資産を増やしていけるよう良いシステムの検証および改善に努めていきたいと思います。

プロのシステム構築のプロセスを学べたので自分のシステムを構築する際に
役立てたい。

解説の時間が十分あり、検証結果も豊富だったので良かった。
学んだことを活用し、自身のシステムトレードの再構築をしたい。
これまで何回か参加させていただきましたが、今回は集大成セミナーということで、一番素晴らしかったと思います。
特に、今回は考え方を詳しくお話頂いたので、今後自分自身でシステムトレードを続けていく上で大変参考になりました。

検証の過程がわかり易かった。現在の利用しているシステムトレードのルールを見直す材料としたい。

素晴らしい内容を教えていただき、大変勉強になりました。株式のシステムトレードに活かしたいと思います。

自分の売買ルール構築の参考にさせていただきます。大変勉強になりました。

個人投資家として、システムトレードを行う上で大変参考になりました。
日経225先物のシステムトレード(検証)にもトライしてみたいと思います。

考え方、論理の進め方を資料を元に教えていただいたことが良かった。
株のシステムトレードをもう一度検証し直して、再度納得いくまでストラテジーを構築してみたい。
セミナー本当にご苦労様でした。事前の検証作業はどれ程大変だったか資料を見てやっとわかりました。ここまで詳しく検証する必要があったのかと目を見開かされる思いがいたしました。
この考え方を元に自分なりに活かして独自のシステムを作り上げていきたいと思います。
posted by システムトレード構築 at 21:17 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年03月28日

日経225デイトレードのシステム売買

日経225デイトレードのシステム売買

曜日バイアスを利用した30分ブレイクアウト戦略

DVD 日経225デイトレードのシステム売買

本年もトレードで100%以上のパフォーマンスを上げた講師は、マーケットの非効率性から発生する確率的に優位なトレードをするためには、マーケット環境にかかわらず、将来に再現性のあるエッジ(優位性)を見出し、不確実ではあっても勝率を高める傾向を探ることが不可欠であるという。

システムトレードを行うことで、さまざまな売買戦略の過去の検証を行い、そのパフォーマンスを明らかにすることで、その戦略が過去において優位性があったのかなかったのかを明確にすることができる。




方向性の見えない市場だからこそデイトレードにより可能な限りリスクを抑え、
225先物市場でシステムトレードを行って行く上で、もしくはシステムを構築していく上で必要なことや、過去から現在まで存在する様々な傾向を分析し、講師ならではの具体的なアイデアや洗練されたロジックなどを公開する。

◆プログラム

■システムトレードとは

■システム完成までの道

■日経225先物市場の特性
<寄り付きのGap,および日中の傾向分析>
<日経225先物市場の特性>
<TDW(Trading Day of Week):曜日バイアス>
<最高値・最安値の形成時間帯の検証>

■アイディアの整理と検証
<世界のトップランク先物システムの代表的な手法>

■オープニングレンジ・ブレイクアウト

■30分高値・安値ブレイクアウト戦略
<ロング(買い)のルール>
<ショート(売り)のルール>
<パフォーマンス@>
<パフォーマンスA> 累積損益曲線
<フィルターの検証@>
<フィルターの検証A>

■GSV戦略のパフォーマンス
<パフォーマンス@>
<パフォーマンスA> 累積損益曲線

■30分高値・安値&GSVブレイクアウト戦略
<ロング(買い)のルール>
<ショート(売り)のルール>
<具体例> 2008年12月8日(月)のロング例
<パフォーマンス@>
<パフォーマンスA> 累積損益曲線
DVD 日経225デイトレードのシステム売買
posted by システムトレード構築 at 07:01 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高勝率・高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー

高勝率・高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー

4/19(日)開催セミナー



280%の売買構築プロセス公開 高勝率・
高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー



280%の売買構築プロセス公開 高勝率・高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー

■ 本セミナーで学べること

* 日経225先物・東証株価指数(TOPIX)先物のデイトレード手法のアイデア。
* またそれら手法へ行着く過程のシステムトレード制作過程の実演とアイデア。
* コモデティ(商品)研究から派生した225先物/TOPIX先物トレードの一角流の着眼点。
* やってはいけないこと。

■ 講師/一角先生からのメッセージ

■日経225先物・東証株価指数(TOPIX)先物の
システムトレード売買構築プロセスの実況的な公開&売買モデルの一部開示!!

本テーマは、これまでほとんど語らなかった部分ではあります。

イチローの打法はオリジナリティがあります。
同じく私の方法もオリジナリティ性が強いもので、統計学、数学、標準化といった一般的な
既存の論理的判断で組成してゆく方法論から乖離しているでしょう。

そういった非論理的なことに偏重を感じる方々には不向きかもしれません。
つまり「くだらん!」といった具合です。
しかしその中から、感じ取って自分のものにし、成功をしているトレーダーもいます。
混沌の中から掬(すく)いだしたノウハウが「キテレツなトレード」=エッジとして、機能する可能性があるものです。

これが差別化を生み出すといっても良いのです。

評論家やエコノミストの解説でなく、数字だけの架空のものでなく、生のトレードを通して成功と失敗をくりかえし試行錯誤をし
行きついた方法をみられます。

このたびパンローリングさんの強いご依頼もあり具体的に、
時間を使いエクセルをご覧いただきながらそのプロセスをみられます。

私が日夜に売買システムを作成しているところをそのままセミナーで再現予定。

これは頭と集中力をかなり使う作業で、公開実演は大変困難ではあり、初めての試みとなります。
今後は公開実演は、しないつもりです。

さらに、骨頂である商品での考え方が、225やTOPIXへ応用できるか、またはその逆は出来るかも見てゆきます。

この数年、株式市場は緩慢にあるいは急激に下げているのでショート有利に決まっている。
これはおしなべてシステムトレード制作でショートの観念が入りそれが適応されていくはずで、
検証してもショートシステムが勝率が高く
PF(プロフィットファクター)も高いはず。

しかし環境が変わった時もろく、その度合いに応じて崩れ去るシステムになる可能性も高いのです。
最近、複数の売買を組み合わせて有利な売買手法を提示しているものを目にしますが、今更何をとも思いますが、これも1つのシステム手法
でもあります。
よって日経225先物やコモデティとの組み合わせも解説します。

「やってはいけない」ところでは実際の動的シミレーションで再現してみます。

最後に
当セミナーで生身の売買手法のアイデア創出方法やその勘所を知ること
ができるでしょう。
280%の売買構築プロセス公開 高勝率・高利益率 創意工夫のシステムトレードセミナー
posted by システムトレード構築 at 06:59 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。