2009年03月15日

土屋賢三のシステムトレードセミナー続編が登場

土屋賢三のシステムトレードセミナー続編が登場

前作DVDで高い評価を得た
土屋賢三のシステムトレードセミナー続編が登場!


多数のシステムトレーダーから

多数のシステムトレーダーから絶大な支持を得る土屋賢三氏の分析手法とは?




【講義概要】

1. トレードとは何か?
2. トレードに必要な技術
3. トレード戦略
4. 自分自身を理解すること
5. 情報とは何か?
6. 計画を立てること
7. 損失はゲームの一部である
8. 市場環境を理解する
9. 多数派は間違う
10. パフォーマンスの再現性
11. 事実とは何か?
12. 分散の効果
13. 決断と実行
14. プロセスが大事
15. バックテストの誤謬
16. 条件付確率
17. ファクターベットがすべて

トレードシステムの例
1. パターン認識による短期売買
2. 暴落時の突っ込み買い
3. ロングショート戦略

マルチファクターモデル(Multi Factor Model)
@線形モデル
1. 重回帰分析(Multiple Regression Analysis)

A非線形モデル
1. ニューラルネットワーク
2. 決定木
3. 矩形システム

総括







「システムトレードの成績はどうすれば良くなるのか?」
「データ分析に原則などあるのだろうか?」
「分析期間はどれくらいが良いのか??」

自分で、エクセルなどでシステムトレードを構築しトレードを行なったことがある方なら
一度は感じたことがあるのではないでしょうか?

最近、システムトレードが注目されてきていますがアメリカに比べると日本はまだまだ
システムトレードが普及してきたとはいえません。

実際問題、システムトレードについて様々なセミナーが行われたり、
書籍が発売されておりますが細かく学べる環境については限られています。

そんな中、 20年以上のシステムトレード経験もちながら、現役の機関投資家として活躍するプロ中のプロであり、
日本におけるシステムトレードの啓蒙者として多くの実力システムトレーダーから支持を集める土屋賢三氏による
「プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(応用編)」 は開催されました。

結果、募集からたったの2週間で約100席が満席となり、
キャンセル待ちのご要望を頂いたお客様からは
「どうしても直接、生の話が聞きたい」
との多数のお声を頂いた、幻のセミナーとなりました。

セミナー当日、会場には約100人もの参加者が集まり
プロフェッショナルな手法を学んだ方々からは、
以下のようなご感想をいただいております。

セミナー参加者の声(アンケート結果を抜粋)

・分析の仕方が具体的にわかってよかった。  

・プロの現実的なシステムトレードの内容が聞けた。

・通常のシステムトレードでは出てこない用語等がありとても参考になった。

  
・難しかったが勉強する価値のある内容でした。

  
・考え方、手法の全て、目からウロコが多かった。

  
・単に儲ける手法の公開ではなく、基本的な考え方について言及していただけた点が
  良かった。

  
・今後システムトレードをしていく上での考え方や方向性がわかりました。

  
・やや難しかったが新鮮であった。

  
・新しい投資の視点を得ることができて非常に良かった。

  
・土屋先生のご説明は大変わかりやすく難しい内容でしたが、
  これから更に勉強しなければと言う気持ちになりました。

  
・システムトレードの常識が一部覆されて良かった。

  
・テクニカル分析を論理的に排除(否定)した部分が大変役立った。

  
・価格が安い。DVDを付けて、価格を上げても良い。

  
・質問に誠実に答えて下さり、多少の失敗談も交えての説得力のあるお話が
  聞けて良かった。


「システムトレードとはどういう売買手法なのか?」
「構築するには何が必要なのか?」
「プロはどういう風に分析するのか?」

システムトレードは簡単に扱えるようなイメージですが奥が非常に深いです。

例えば、システムトレードを構築する上で説明変数(値動きの要因となるもの)はいくつもあったり
内容が良くても分析期間が少ないと全く意味がありませんし、
テクニカル分析を活用して構築したとしてもテクニカル分析そのものが
機能しているかどうかわかりません。

本セミナーでは、上記のことをさらに細分化し
・2次元チャートは信頼できるか?
・テクニカル分析は不要?
・目的変数と説明変数とは?
・異常な事態には異常な行動をする?
・ニューラルネットワークとは?

など、プロフェッショナルにシステムトレードを行いたい方向けの
内容となっており、土屋氏がエクセルを用いての実際の分析結果を例題として取上げ、解説を行なっています。

今回のセミナーの講座趣旨については、
土屋氏の以下のコメントをご覧ください。




※ブログ(セミナー予告)より一部抜粋

初学者の頃の(そして今も)私が知りたいのは、
マーケットに参加してそこから利益を得るための適切なアプローチの方法と、
常に自分を間違ったサイドに立たせないための見識や
観察眼を得るために必要な、ものの見方の習得法である。

(中略)

従って、私は今回のセミナーはシステムトレードに興味がある初心者の方を対象に、
ゼロから学ぶための方法論と技術を示したいと思う。

私はそれがシステムトレードを志す個人投資家にとって真に必要なことであると信じるし、
多少なりとも何かを知る立場にある人間が、先達として人の前に立って話すにあたり、
誠実にその役割を果たすためには、それ以外の選択肢はないはずだ。

セミナーでは具体的なアルゴリズムもいくつか取り上げるつもりであるが、
それらはあくまでも例題として示すだけであり、
既に広く知られているもののなかから選ぶつもりである。

趣旨は講演会ではなく、あくまでも勉強会としたい。 
なお、ちゃんとした技術を習得済みの方にとって既に知っていることばかりの内容になると思うが、
全て、システムトレードを行うにあたって、絶対に不可欠な技術と知識で構成し、
かつそれの使い手にとって一生の寄るべとなると、私が考えるものばかりである。 

私の考えに賛同していただける初心者の方がいれば、
本セミナーでシステムトレードを学んで頂ければありがたい。

機関投資家の立場で長いこと運用を行って成果を上げてきた
土屋賢三氏より、学べる機会は非常に貴重です。

募集からたったの2週間で100席が満席となったセミナーの応用編です。

プロフェッショナルなシステムトレードの構築法をマスター出来る、
このDVDを今すぐお申し込みください。
多数のシステムトレーダーから絶大な支持を得る土屋賢三氏の分析手法とは?
posted by システムトレード構築 at 18:28 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。