2009年03月28日

日経225デイトレードのシステム売買

日経225デイトレードのシステム売買

曜日バイアスを利用した30分ブレイクアウト戦略

DVD 日経225デイトレードのシステム売買

本年もトレードで100%以上のパフォーマンスを上げた講師は、マーケットの非効率性から発生する確率的に優位なトレードをするためには、マーケット環境にかかわらず、将来に再現性のあるエッジ(優位性)を見出し、不確実ではあっても勝率を高める傾向を探ることが不可欠であるという。

システムトレードを行うことで、さまざまな売買戦略の過去の検証を行い、そのパフォーマンスを明らかにすることで、その戦略が過去において優位性があったのかなかったのかを明確にすることができる。




方向性の見えない市場だからこそデイトレードにより可能な限りリスクを抑え、
225先物市場でシステムトレードを行って行く上で、もしくはシステムを構築していく上で必要なことや、過去から現在まで存在する様々な傾向を分析し、講師ならではの具体的なアイデアや洗練されたロジックなどを公開する。

◆プログラム

■システムトレードとは

■システム完成までの道

■日経225先物市場の特性
<寄り付きのGap,および日中の傾向分析>
<日経225先物市場の特性>
<TDW(Trading Day of Week):曜日バイアス>
<最高値・最安値の形成時間帯の検証>

■アイディアの整理と検証
<世界のトップランク先物システムの代表的な手法>

■オープニングレンジ・ブレイクアウト

■30分高値・安値ブレイクアウト戦略
<ロング(買い)のルール>
<ショート(売り)のルール>
<パフォーマンス@>
<パフォーマンスA> 累積損益曲線
<フィルターの検証@>
<フィルターの検証A>

■GSV戦略のパフォーマンス
<パフォーマンス@>
<パフォーマンスA> 累積損益曲線

■30分高値・安値&GSVブレイクアウト戦略
<ロング(買い)のルール>
<ショート(売り)のルール>
<具体例> 2008年12月8日(月)のロング例
<パフォーマンス@>
<パフォーマンスA> 累積損益曲線
DVD 日経225デイトレードのシステム売買
posted by システムトレード構築 at 07:01 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。