2008年03月06日

システムトレード構築セミナー(応用編)

システムトレード構築セミナー(応用編)
プロフェッショナルを
目指す人のためのシステムトレード構築セミナー(応用編)



前作DVDで高い評価を得た土屋賢三のシステムトレードセミナー続編。プロのシステムトレードの実践知識を学びたい方。


エクセルを使った
トレードシステムの構築法を学ぶための
方法論と技術を示した実践的な内容。













    システムトレード構築セミナー(応用編)



プロフェッショナルを
目指す人のためのシステムトレード構築セミナー(応用編)




【講義概要】
  

1. トレードとは何か?
2. トレードに必要な技術
3. トレード戦略
4. 自分自身を理解すること
5. 情報とは何か?
6. 計画を立てること
7. 損失はゲームの一部である
8. 市場環境を理解する
9. 多数派は間違う
10. パフォーマンスの再現性
11. 事実とは何か?
12. 分散の効果
13. 決断と実行
14. プロセスが大事
15. バックテストの誤謬
16. 条件付確率
17. ファクターベットがすべて

トレードシステムの例
1. パターン認識による短期売買
2. 暴落時の突っ込み買い
3. ロングショート戦略

マルチファクターモデル(Multi Factor Model)
@線形モデル
1. 重回帰分析(Multiple Regression Analysis)

A非線形モデル
1. ニューラルネットワーク
2. 決定木
3. 矩形システム

総括





プロフェッショナルを
目指す人のためのシステムトレード構築セミナー(応用編)



講座趣旨

募集からたったの2週間で100席が満席となり、

キャンセル待ちのご要望を頂いたお客様からは

「どうしても直接、生の話が聞きたい」

との多数のお声を頂いた幻のセミナー・・・



それは、ちょうど半年前に開催した、土屋氏による
「プロフェッショナルを目指す人のためのシステムトレードセミナー(理論編)」
です。

その日、会場には100人を超える参加者が集まり、

プロフェッショナルな手法を学ぶことが出来ました。

そしてこのたび、ついに、
「プロフェッショナルを目指す人のためのトレードシステム構築セミナー(応用編)」

を開催出来ることとなりました。


前回の理論編にご参加いただいた方々からは、

以下のようなご感想をいただいております。

セミナー参加者の声(アンケート結果を抜粋)

・他のシステムトレードのセミナーよりも深い所が聞けたので良かったです。

・マルチファクターモデルの話が聞けてよかったです。

・とても分かりやすくてためになりました。

・未知の世界へ足を一歩踏み出せました。ありがとうございます。

・難しそうだけど、勉強したいと思わせる内容でした。

・土屋氏が考えているポイントを知ることが出来て良かった。

・火曜の日中足の動きは特徴があるなど、検証を行っての実体験に基づいたマメ知識が参考になりました。

・とても面白かったです。特に最初の実演が良かった。

・内容が充実しており、非常に満足できるセミナーでした。続編に期待します。

・講師のシステムトレードの知識が広かった。

・世界で活躍する方の声が聞けて大変良かったです。

・プロの話が聞けてよかった。

・丁寧に説明して頂いたので分かりやすかったです。

・これからシステムトレードを行うためのヒントとなりました。

・システム構築の方法が分かって良かったが少し難しかった。

・検証を行う際の、分析方法がためになりました。

・システムトレードの概要が良く分かった。

・経験や、実績に応じて何回かに分けて、セミナーシリーズにして欲しい。

・講師の態度が誠実であった。

・トレードの心構えを教えてもらった点が非常に良かった。また、応用編をやってください。

・エクセルを使った具体的な説明が良かった。

・システムトレードのヒントを得たので、これを機にシステムトレードの研究をしたい。

・今回のセミナーはマルチファクターモデルやトレードの原則など、色々得るところがあって大変良かったです。今まででBestです。 ありがとうございました。

今回は、土屋氏から、トレードシステムを構築するにあたって、

最低限必要な論理的な道具の使い方を学びます。


具体的には、回帰分析や決定木、非線形システムなどです。



今回のセミナーの講座趣旨については、

土屋氏の以下のコメントをご覧ください。




ツチヤ氏からのコメント

先日エンジュクさんから12月にセミナーをして欲しいとの依頼を受けて、一旦は「はいOKです。」とお答えしたものの、その後で正直言って悩んだ。 

私の専門はシステムトレードということになっているけれども、どうやら最近世間で「システムトレード」といわれているものは、私のそれとはずいぶん違うようだし、「システムトレード」を標榜するセミナーは既にいろいろな人がやっていて、いまさら私がやらなくてもいいだろうということもある。

だが、私が躊躇する最大の理由は、私には一般の投資家の方の耳目を引くようなセミナーはできないということだ。 

先日、あるセミナー会社 (エンジュクとは別の組織) の方とお話する機会があった。

彼曰く、10年近くセミナーをやってきて感じるのは、昔のセミナーは「勉強会」という色彩が濃く、セミナーに参加者が来て、具体的な技術や知識を身につけ、自分の手で練習して投資行動を行うことが普通だったのに対し、今は、講師の得意分野や体験を基にした講話が多く、セミナーというよりも「講演会」という形式がほとんどで、一般投資家の参加者の側もそれを強く望んでいるのだという。 

私自身もその変化については同様に感じるし、従って、私自身は「セミナー」から足が遠のいて久しい。 

残念ながら、私にはほとんどの一般投資家の方が望む形式でのセミナーはできない。 

ひとつには私自身がまだ学究の徒として道半ばにあると思っていることもあるが、私はそういった話にはあまり興味が無いからだ。 

初学者の頃の(そして今も)私が知りたいのは、マーケットに参加してそこから利益を得るための適切なアプローチの方法と、常に自分を間違ったサイドに立たせないための見識や観察眼を得るために必要な、ものの見方の習得法である。

たとえ話をしよう。 きれいに盛り付けられたおいしそうな料理を作れる人がいて、あなたがその人の話を聞きにいったとしよう。 そうすると、件の料理が出てきて、それを見せられ、あなたは感激する。 

その料理を作ったことで発生したさまざまな余話を聞くのもまた楽しい。 だが、あなたがその料理を食べる段になると、あなたは調理の方法を教わっていないことに気づく。 あなたの目的は料理を見せてもらうことではなくて、料理の方法を習得することにあったはずだ。 

だが、自分でそれを作れる技術が無いからといって、しかたなく他人が渡してくれたものを食べようとしても、それは賞味期限切れか、もしくはプラスティックでできていて食べられないというわけだ。

もちろん、既にちゃんとした料理を作れるだけの技術を持っている人であれば、他人が作ったもの、結果だけを見せてもらうだけで、同じものを簡単に再現できる。

トレード技術においてもそれは同じで、私達がトレーダー仲間で相場の話をする際に、はしょった話、結果だけの話を聞いても、即座に内容が理解、推測でき、すぐに自分で再現できるのは、お互いがそれなりのレベルに達しているからできることなのだ。 

だから、同じように一定のトレードの技術を備えている人は、講演会に行ってもその実態を透かして見ることが出来るし、講師のレベルや話す内容の程度も正確に推し量ることが可能だ。 従って、行く価値のある講演会がある場合には積極的にいくべきなのだろう。

しかし、初心者がわけもわからず多くの講演会にいけばどうなるだろう。 

話を聞いている最中は面白いかもしれない。 だが、聞いた内容を正確に理解し、必要があれば再現するだけの技量がないならば、それは絵に描いた餅にしかすぎないことになるのではないか。 

初心者にとって真に必要なのは、先に書いたごとく、マーケットの動きを正しく分析、理解し、道を踏み外すことなく、成功の日まで正しいトレードを継続していけるまっとうで適切なアプローチの技術であり、それが「技術」であるならば、話した本人だけが使えるものではなく、受け手がきちんと継承できるものでなくてはならない。

さて、この手の技術的な内容で構成されたセミナーが、個人投資家の間ではいまや一般受けしないことを私はもちろん知っている。 

一方、適当なアルゴリズムをこしらえて、いくつかのフィルターを加え、バックテストの結果を添えて参加者の前に示し、適度にデコレーションした上で、「ほら、こんなに素晴らしいですよ」としゃべってみせることは私には簡単にできることだ。 

しかし、それがいかに見栄えが良いものであっても、実態は賞味期限切れ、もしくはプラスティックでできた「食べられない料理」であることを、私は既に知っている。 

だから、もし私がそれをすれば、私は「悪意をもって他者をミスリードした」、もしくは少なくとも「知的に不誠実である」との批判を免れないであろう。

 

従って、私は次回のセミナーはシステムトレードに興味がある初心者の方を対象に、ゼロから学ぶための方法論と技術を示したいと思う。

私はそれがシステムトレードを志す個人投資家にとって真に必要なことであると信じるし、多少なりとも何かを知る立場にある人間が、先達として人の前に立って話すにあたり、誠実にその役割を果たすためには、それ以外の選択肢はないはずだ。 

セミナーでは具体的なアルゴリズムもいくつか取り上げるつもりであるが、それらはあくまでも例題として示すだけであり、既に広く知られているもののなかから選ぶつもりである。 

趣旨は講演会ではなく、あくまでも勉強会としたい。 なお、ちゃんとした技術を習得済みの方にとって既に知っていることばかりの内容になると思うが、全て、システムトレードを行うにあたって、絶対に不可欠な技術と知識で構成し、かつそれの使い手にとって一生の寄るべとなると、私が考えるものばかりである。 

私の考えに賛同していただける初心者の方がいれば、参加していただけるとありがたい。


機関投資家の立場で長いこと運用を行って成果を上げてきた

土屋賢三氏より、学べる機会は非常に貴重です。

募集からたったの2週間で100席が満席となったセミナーの応用編です。

プロフェッショナルなシステムトレードの構築法をマスター出来る、
このDVDを今すぐお申し込みください。





プロフェッショナルを
目指す人のためのシステムトレード構築セミナー(応用編)
http://sisuutemutore.seesaa.net/
posted by システムトレード構築 at 20:36 | システムトレード構築セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。